こわいものみたさ~シネマ館~

映画レビューブログです。「こわいものみたさ」の別館。

MENU

映画「パラサイト 半地下の家族」感想・レビュー:アカデミー賞最多4部門受賞

 

パラサイト 半地下の家族

パラサイト 半地下の家族

「パラサイト 半地下の家族」映画情報

オンライン鑑賞

Prime Video Rakuten TV

※時期により鑑賞できない場合あり。

あらすじ

キム一家は家族全員が失業中で、その日暮らしの貧しい生活を送っていた。そんなある日、長男ギウがIT企業のCEOであるパク氏の豪邸へ家庭教師の面接を受けに行くことに。そして妹ギジョンも、兄に続いて豪邸に足を踏み入れる。正反対の2つの家族の出会いは、想像を超える悲喜劇へと猛スピードで加速していく……。

出典:映画.com

予告編

作品データ

原題 Parasite
製作年 2019年
製作国 韓国
上映時間 132分
監督 ポン・ジュノ
製作 クァク・シネ
ムン・ヤングォン
脚本 ポン・ジュノ
ハン・ジンウォン
メインキャスト ソン・ガンホ
チェ・ウシク
パク・ソダム
チャン・ヘジン
受賞歴 ・アカデミー賞作品賞等4部門
・ゴールデングローブ賞外国映画賞
・カンヌ国際映画祭パルム・ドール
他多数映画賞受賞


 

「パラサイト 半地下の家族」映画解説

だいふく

アカデミー賞4冠を代表に数多くの映画賞を総なめにした韓国映画だニャ!

作品解説

「殺人の追憶」「グエムル 漢江の怪物」等の監督ポン・ジュノと主演のソン・ガンホが4度目となるタッグを組んだ作品です。第92回アカデミー賞では外国映画として初の作品賞を受賞し最多4部門に輝きました。映画賞は、第72回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルム・ドールを含め数多く受賞した世界的作品となりました。

映画タイトルの"半地下"は、主人公一家の住まいが韓国住宅特有の半分地上より上で半分地上より下の地下の構造の住居から来ているのですが、監督は単純に住まいの事を示すだけでなく、「半地球」と意味合いを重ねているようです。半分は地上に上がれる希望があるが、逆にとらえると失敗すると二度と日の光が当たらない地下に墜落するという意味が込められているのでした。

パラサイト 半地下の家族

出典:映画.com

関連作品

※タイトル後に外部リンクアイコンがあるものはAmazonに飛びます。

【ポン・ジュノ&ソン・ガンホ】

殺人の追憶

グエムル -漢江の怪物-

南極日誌

スノーピアサー

雨の使い方

ポン・ジュノ監督が良く使う設定は"雨"です。「殺人の追憶」では雨の日に殺人が起こる。「グエムル 漢江の怪物」では主人公一家の家長が雨中で死を遂げる。そして本作も雨があらゆるところで使われており、とても意味がある有効な使い方をしています。

監督自身「同じ雨でも、貧しき者、富める者では影響が違う」と語っており、その意味合いを改めて考えながら鑑賞すると、作品の面白さが広がります。

「パラサイト 半地下の家族」感想・レビュー

f:id:daifuku_chan:20201025225139p:plain

予備知識無しで観ることを進めていましたので、外的情報を遮断して鑑賞しましたが、笑いあり緊張感もあり、しっかり韓国社会の問題も取り上げた社会派映画とも呼べる映画で、数々の映画賞を受賞した理由もわかりました。

裕福で豪華な住居に暮らすパク一家、反して働き口も無く半地下のボロ家で暮らすキム一家の貧富の格差を非常にうまく対比させながらも、パラサイトとはよく言ったもので、キム一家が徐々にパク一家に寄生していく様子が面白可笑しく描かれており、全く飽きません。

その飽きない理由は、やはり誰でもお金持ちには妬みという感情は少なからずあると思いますが、本作はその妬み部分を貧乏な一家がスカッとさせてくれるような展開だからと思う次第です。確実に寄生されるパク一家に対する同情よりかは、寄生した貧乏キム一家の方を応援したくなります。

パラサイト 半地下の家族

出典:映画.com

 

といいますかキム一家のこの寄生していく能力(というか技術)が、余りにも見事過ぎて、能力をもっと違うところにいかしたらキム一家確実に貧乏でないでしょ!って思う次第です。

 

そして飽きさせないもう一つの理由は、前半から中盤にかけてのお笑い要素から、中盤~後半にかけては一気にサスペンス要素が強くなり、緊張感を出してくるのも良かったです。ネタバレすると面白くないので書きませんが、完全に観る者の予想を超えるような展開には驚きすら感じ目が離せなくなります。

 

全体として、予想外の展開もあり終始楽しませてくれる要素が強く132分という割と長めな映画時間でしたが、ダレることなく突っ走って鑑賞出来きました。政治の世界では、日韓関係は悪化する一方ですが、本作は日本での韓国映画の興行収入記録を塗り替えた人気ぶりで、映画の世界には国境は関係ないんだなと改めて認識が出来きる映画でした。

だいふく

日本映画も頑張ってほしいニャ~!

「パラサイト 半地下の家族」関連商品

映画レビュー検索

【プライバシーポリシー】 【お問い合わせ】
Copyright ©2019 こわいものみたさ All rights reserved.